性病には実に多くの種類と症状が存在し、同じ性病であっても男と女では生じる症状やリスクなども変化してきます。トラブルのない、円滑な男女関係を続けていくためにも性病を始めとした感染症の知識が必要です。

女性に着目した性行為感染症

男女問わずではありますが、性病として代表的なものは
・クラミジア
・カンジダ
・性器ヘルペス
・淋病
・トリコモナス
・梅毒…などです。
症状は男性と女性で異なり、性器の痒みや痛み、おりものの増加・悪臭、排尿痛などが挙げられます。
不特定多数の人との性行為やコンドームをしない等で感染しますが、自分には身に覚えがないからと安心していても、パートナーが外で感染してきて知らず知らずのうちに感染していたということも珍しくありません。
中には女性は無症状のまま経過する種類もあり、気づかないまま感染を広げてしまう危険性があります。
そのた性病は早期治療が大切です。

ではどう治療すると良いのでしょうか?
まずは婦人科を受診しましょう。
検査は内診や尿検査、血液検査があります。
感染の診断があった場合は、病気によっても異なりますが、抗生物質を服用したり、患部へ抗菌クリームを塗ることで治療します。
例えば、カンジダの場合はカーネステンクリームなどを用いて治療をします。
治療の上で大切な点は、必ずパートナーと同時に治療することです。
同時でなければ、うつしあうピンポン感染を防ぐことができません。

さらに、性病の定期検査を受けるとより安心です。
先に述べたように、ほとんど症状がでない病気もあるため、発覚が遅れてしまう場合があります。
放っておくと不妊症や子宮がんなど、深刻な病気を引き起こすリスクがあります
特にクラミジアは感染者数が非常に多い病気であることから感染確率も高い性病です。
その治療にはジスロマックがよく使われていますが、時代は進みジスロマックは通販で簡単に買えるようになりました。
そもそもかからないように予防をするというのが前提にはありますが、万が一に備えて治療薬を用意しておくと尚安心でしょう。
早期治療のために、感染の不安があるかたは早めに婦人科を受診しましょう。