性病には実に多くの種類と症状が存在し、同じ性病であっても男と女では生じる症状やリスクなども変化してきます。トラブルのない、円滑な男女関係を続けていくためにも性病を始めとした感染症の知識が必要です。

口唇ヘルペスにはバラシクロビル配合の薬をご紹介

口唇ヘルペスは、単純ヘルペスウイルスにより起こる感染症です。
口唇ヘルペスを発症すると、唇の周りがピリピリと痛くなったり、熱を帯びたような状態になり、赤く腫れることもあります。
赤く腫れている時は、ウイルスが増殖を繰り返している状態であり、その後、患部に水泡が現れてきます。
この水泡の中には、大量のヘルペスウイルスが含まれています。
口唇ヘルペスは、2週間ほどでかさぶたとなり、次第に症状が治まってきます。
ただ、単純ヘルペスウイルスは、感染力が強いので、接触感染に注意する必要があります。

口唇ヘルペスは、一度かかると再発する場合が多いです。
神経内にDNA情報だけの形で潜伏しており、きっかけがあると活動を再開し、急激に増加するのです。
三叉神経という神経の末端が唇と繋がっているため、疲れなどでヘルペスウイルスが活発に活動し始めると、唇の周りに口唇ヘルペスの症状が現れてきます。
再発のきっかけとなるのは、病気や過労による体力の低下や体調不良などです。
肉体的な疲れだけでなく、精神的なストレスが多い場合も、ヘルペスウイルス対する免疫力が落ちるので、疲れを感じたときには適度な息抜きを心がけることも大切です。
特に風邪を引いた時に症状が出る人が多いです。

口唇ヘルペスの治療には様々な種類の治療薬がありますが、よく使われるのが塩酸バラシクロビル配合の治療薬です。
効果が高いので人気があり、口唇ヘルペスだと言うと、よく効く治療薬として紹介されることが多いです。
塩酸バラシクロビルは、ウイルスの増殖を妨害してくれる働きがあります。
体に吸収された塩酸バラシクロビルは、ウイルスが感染している細胞で抗ウイルス剤のアシクロビルに変化して効果を発揮します。
ウイルスというのは、増殖するためにDNA情報を複製しますが、アシクロビルがDNAの複製を妨害する効果を持っているので、ウイルスの増殖を抑制できるのです。
口唇ヘルペスは、接触感染を防ぐためにも、症状が現れたらすぐに医師に診てもらい、早めに治療をすることが大事です。

人にうつさない工夫も大切です。水ぶくれ(水疱)が出ている時期はウイルスの量が多く、感染源になってしまう可能性が高いので、他人との接触には注意が必要です。
同居している家族がいる場合、タオルやうがい用のコップの共有など、水回りのものが家族内感染の原因となりやすいので、個別の道具を使うようにします。
相手がウイルスに対して免疫を持っていて抵抗力がある場合には、発症しないです。